プロテオグリカンでアンチエイジング コラーゲンやヒアルロン酸を超える!

プロテオグリカンはエイジングケアの強い味方

プロテオグリカンは、かつて1gで3,000万円もする高級成分でした。

その保水力はヒアルロン酸をしのぐパワーを持っていると分かっていましたが高価すぎてサプリなどにはできなかったのです。

ところが最近の研究開発により大幅なコストダウンが実現しプロテオグリカンがサプリとして登場するようになってきたのです。

夢の成分!プロテオグリカン

コラーゲンやヒアルロン酸に続き最近プロテオグリカンも注目されている成分のひとつです。

現在化粧品やサプリメントの原料となりそれを取り入れることにより美容サポートとなめらかさを保つ働きをしてくれます。

少し前は大変稀少な物で抽出も難しく高価だっためあまり市場には出回りませんでしたが、最近ではサケの鼻の軟骨から取れる技術も開発されたため化粧品やサプリメントに利用されるようになりました。

サプリメント(食品)としてのプロテオグリカン

前述の通り、優れた保水力を持つプロテオグリカンは、キレイの基礎づくりに重要な役割を果たしますので、サプリメントを上手に活用して、積極的に取り入れたいですよね。

プロテオグリカンという名前が聞き慣れない方の中には、摂取にデメリットはないのか心配する方もいるかもしれません。

プロテオとはたんぱく質、グリカンとは多糖類のことを指し、糖たんぱく質のひとつ。元々体に存在している成分なので、比較的デメリットは少ないといわれています。

きちんと飲み方や摂取目安量を使用すれば何も心配はありませんが、身体に良いからと過剰に摂取するのは危険です。良いものも過ぎれば何らかの弊害をもたらす原因にもなりうるので品質の良いものを量を守って活用することをオススメします。

プロテオグリカンは、美容ケアだけでなく、なめらかな動きのサポートにも適しています。

サプリメントは化学合成の原料と天然の原料の2種類があります。

合成原料の物は比較的安価で手に入りますが、天然由来のものは多少高価になってしまいます。しかし、その吸収率や働きを考えるとやはり天然素材を多く使用しているものが良いでしょう。

それにともないサプリメントも食品のため鮮度があります。古くなればそれだけ働きも薄れてしまうので日付の確認や品質の劣化にも気をつけましょう。

このようにプロテオグリカンは優れた美容と健康パワーを期待できるものとして着目されています。

北海道や青森県などでは昔から「氷頭」(ひず)と呼ばれサケの鼻の軟骨と野菜を一緒に酢に漬けた「氷頭なます」として食べられています。

火を通さずその成分を効率よく摂れるものですが、一般的には通常食卓に出しなおかつたくさん食べるというここは難しいものです。最近ではドリンクや飲むゼリーなどに配合されているので店頭で見かけた時には積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。"

化粧品としてのプロテオグリカン

化粧品ではローションや美容液に使われることが多く水とプロテオグリカンを配合した液は肌なじみがよく保湿力の高いものです。コラーゲンの働きを助けるだけでなくヒアルロン酸の130%に値する保湿成分で肌のハリを保ち乾燥を防いでくれる優れモノです。しかも使用感はベタつきがなくサッパリとした使いやすさです。

肌トラブルや加齢による水分の減少にはとても必要な保湿力を持つ強力なサポーターといえるでしょう。また、透明感を導いてくれる働きもあります。

化粧品を選ぶときは配合成分や添加物の多くないものを選びましょう。入っている種類が多ければその分安定させるための添加物も増えてしまい乾燥した肌やトラブルのある状態の肌は影響を受けやすくかえって悪化の原因にもなりかねません。

同じような化粧品でも比較できるものはしっかり比較してより良いものを選びましょう。またそのほとんどがタンパク質です。加熱で変化し働きが弱まってしまうので低温あるいは非加熱製造されているかもチェックしましょう。

プロテオグリカンがエイジングケアの強い味方と言われる所以

年を重ねるごとに気になってくるのが、さまざまな年齢サインです。一度気になりだすと、その後は坂道を転げ落ちるように年々悩みが深くなっていきます。

鏡をみるのか憂鬱で、いろんな化粧品を試しても、一向に満足できないという人が多いのではないでしょうか。

しかし、ここ数年、新しい美容成分として注目を集める存在が出てきました。それがプロテオグリカンという成分です。

この成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどと同様、美容ケアに重要な役割を担っています。

まず第一に、保湿力です。

これまで保湿と言えば、ヒアルロン酸が良いだと言われていましたが、この成分はヒアルロン酸をしのぐ保湿力があると言われています。ヒアルロン酸は、たくさんの化粧品に配合されていることからも、その実力が評価されているわけですから、これより働きが高いというのがいかに凄いことなのかが分かるでしょう。

次に、コラーゲンやヒアルロン酸を増やす働きがあります。

十分にプロテオグリカンがあるからこそ、コラーゲンやヒアルロン酸が作られるということなので、この成分が足りなくなることでたるみやしわなどが出てくる、ということになります。

化粧品で取り入れる場合は、なるべく濃度の高いものを選ぶと、より働きを実感することができるでしょう。

商品を選ぶ際には当然ではありますが、純度、濃度が高く、着色料や香料、界面活性剤などの不要な添加物が入っていないものを選ぶのがおすすめです。

これまで、いろいろなエイジングケアをしてきたけれど期待するような実感が得られなかった、若々しくいたいけれど、どんな成分が良いのかよく分からないという人はプロテオグリカンを使った美容液を試してみてはどうでしょうか。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。